埼玉県所沢市中心部で8日夜に発生した31階建て高層マンションの火災で、消火作業に当たった埼玉西部消防局の消防士が、上層階に水を送る連結送水管につなぐはずのホースを誤って地下向け送水口に接続し、マンションの地下設備の一部が水浸しになっていたことが分かった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます