下水処理水や汚泥を活用し、資源として幅広い可能性を持つ微細藻類「ミドリムシ」を大量培養できるか探る、全国初の大規模な実証実験が17日、佐賀市西与賀町の市下水浄化センターで始まった。市や東芝、藻類培養を手がけるユーグレナ(東京都港区)など6者の共同研究。来月末までに結果を評価してまとめる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます