福島第一原発事故からまもなく5年。京都地裁で2月18日、重要な司法判断が示された。国が避難指示などを出した区域外から京都市に自主避難した男性らに対し、個別事情を重視して約3千万円の損害賠償を支払うよう東京電力に命じたのだ。この判決文を「核といのち」の観点から見てみたい。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます