激しい内戦と台頭する過激派組織「イスラム国」(IS)による混乱が続くシリアを巡り、米国とロシアは22日、シリア時間27日午前0時からの停戦を求めることで合意した。ロシアはアサド政権に、米国は反政権勢力に停戦を守るよう呼びかける。だが米ロの思惑は異なり、停戦の実現は困難を極めそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます