ドイツで今月13日に行われる州議会選挙に合わせ、市民団体が難民や移民による「模擬投票」を計画している。中東の紛争地などから逃れてきた人々に、言葉だけでなく、民主主義や選挙の大切さを疑似体験してもらう初の試みだ。難民に寛容なメルケル首相が窮地に立つなか、反難民勢力の伸長に警鐘を鳴らす狙いもある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます