リオデジャネイロ五輪の代表最終選考会を兼ねて滋賀・皇子山陸上競技場発着のコースであり、31歳で一般参加の北島寿典(安川電機)が2時間9分16秒で日本選手トップの2位に入り、初の五輪代表を確実にした。北島から9秒遅れで日本勢2番手の4位に入った石川末広(ホンダ)も代表入りに名乗りを上げた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます