2月17日午前9時過ぎ、福島県いわき市にある小名浜(おなはま)魚市場。市内の七つの漁港で水揚げされた20種の沿岸で取れた魚が軽トラックで順に運び込まれてきた。だが、市場につきものの入札や競りはない。その代わりに、魚種ごとに放射性セシウムの濃度を測る検査が行われていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます