東京電力福島第一原発ではいま、毎日約6千人の作業員が被曝(ひばく)のリスクを負いながら働いている。その大半は、東電の「協力企業」。同社から直接発注を受けた「元請け」を頂点に、下請け、孫請けに回る業者で働く労働者たちだ。その実態を探った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます