組織ぐるみのドーピングで資格停止処分中のロシア陸上競技連盟について、国際陸連は11日、8月のリオデジャネイロ五輪を含む国際大会へ復帰させるかどうか、5月の臨時理事会で結論を出す方針を決めた。国際陸連のコー会長はモナコであった理事会後に記者会見し、「改革の進み具合には満足しているが、ロシアはより一段の改革が必要だ」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます