トルコの首都アンカラで13日夕、大きな爆発があり、トルコ政府によると、少なくとも市民ら34人が死亡し、125人が負傷した。現場は中心部の繁華街で、官庁街にも近く、厳重な警備が敷かれていた。アンカラでは昨年10月のアンカラ駅前、先月の官庁街と大規模爆発が続き、今回がこの半年で3度目。再発を防げなかった政権は、大きな打撃を受けている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます