大気中の水分による陽光の屈折で現れる光の輪が15日、都内各地で見られた。気象庁によると、輪は「こうかん」といい、光環、光冠と書くという。南からの湿った空気が地上10キロほどの冷たい空気にさらされて氷の粒や薄い雲になると現れるといい、春は出現しやすいようだ。同庁天気相談所は「直接太陽を見て目を痛めな…

無断転載・複製を禁じます