27日の第88回選抜高校野球大会第8日第2試合で、2回の優勝経験がある伝統校・高松商(香川)が創志学園(岡山)を5―1で破り、準々決勝進出を決めた。グラウンドでは夭逝(ようせい)した第1回大会優勝時の選手の遺志を継ぐ伝統のスタイルが復活。アルプス席では第32回大会の決勝で戦ったOB同士が集まった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます