ハンセン病患者の裁判を療養所内などの隔離された「特別法廷」で開いていたことについて、最高裁が設けた有識者委員会の意見が29日に集約される。憲法が保障する「裁判の公開」に反していなかったのか。聞き取り調査に証言した人たちは「裁判官は自らの差別意識と、正面から向き合ってほしい」と願っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます