首や腕を人間が直接操作すると、その動きを覚えて再現するロボットが完成した。介護ロボなどのメーカー、マッスル(大阪市)が30日発表した。玉井博文社長が文楽の人形遣いをヒントに開発し、飲食店などの販売促進用として売り込む。伝統芸能の所作の継承などにも使えそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます