南アフリカのケープタウン郊外にある黒人居住区カエリチャ。簡素な家々が密集する地区では、失業率は4割を超える。アンディールさん(38)は月2回、近所のプレハブの診療所に通い、エイズウイルス(HIV)の病状進行を抑える治療薬を受け取る。「薬を飲み始めて、すこぶる体調はいい」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます