「日本の津波を思い出した。一目散に山に向かって走った」――。16日の地震で沿岸部を中心に大きな被害が出た南米エクアドル。西部の町カノアでは地震発生の直後、大勢の住民が声を掛け合って高台に避難した。実際には大きな津波は来なかったが、東日本大震災で見た映像の記憶が素早い避難につながった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます