熊本地震では今も4万人近い人が避難生活を続ける。発生直後から各テレビ局は報道特番で被害状況を伝えたが、被災地では停電が広がり、避難所や車内など、テレビが見づらい環境にいた人も多かった。そこで被災者の力になったのは、スマートフォンでも見られる、インターネットを通じた番組の同時配信だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます