神奈川県大磯町の澤田美喜記念館は、所蔵している日本刀の鍔(つば)のうち少なくとも30点余が、キリスト教が禁止された後の隠れキリシタンが所持していた「キリシタン鍔」と鑑定されたとして、10日から展示を始めた。記念館は「禁教以降の鍔が見つかるのは大変珍しく、信仰が根強く続いていたことを示すもの」と説明している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます