被爆地の願いがようやく届いた。71年前に広島、長崎に原爆を投下し、いまも約7千発の核兵器を持つ米国。その現職大統領バラク・オバマ氏が27日、初めて広島を訪問することが決まった。「核兵器なき世界をめざす」としたプラハ演説から7年。核廃絶の動きがしぼむ中、オバマ氏はヒロシマからどんなメッセージを発する…

無断転載・複製を禁じます