アフリカ原産で、極めてがんになりにくいとされるハダカデバネズミからiPS細胞を作ることに、北海道大や慶応大などのチームが成功した。10日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に論文を発表した。がん化しにくいのが特徴で、iPS細胞を使った再生医療の安全性向上につながる可能性があるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます