主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)は26日開幕し、世界経済を支えるため、金融緩和に加え、機動的な財政出動や構造改革に取り組むことが重要だという認識で一致した。ただ、景気がどの程度落ち込むかという見方には温度差が残り、財政出動をいつ、どの程度の規模で行うかは各国の事情に委ねるという合意にとどまった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます