岡山市の指定暴力団・神戸山口組系池田組の若頭射殺事件で、若頭は至近距離から銃撃された可能性の高いことが岡山県警への取材でわかった。事件直前、犯人らしき若い男によく似た人物が現場周辺の防犯カメラに映っていたことも判明。事件の「見届け役」とみられる別の男2人組の目撃情報もあり、県警は組織的な計画的犯行とみて、男らの特定を急いでいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます