刷りたての江戸時代の浮世絵が、どんな色だったか見たことがありますか――。その色彩を現代によみがえらせた木版画家・故立原位貫(いぬき)さんの展覧会が、寒河江市の寒河江八幡宮で3日から始まる。東北では初開催。江戸時代当時の鮮やかで生き生きとした浮世絵に会うことができる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます