2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、障害者らによる芸術作品などを指す「アール・ブリュット」が脚光を浴びている。常識にとらわれない自由な表現が魅力だが、受けとめ方には課題もある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます