じわじわと日常を侵食する異物への恐怖と黒い笑い。愛知県岩倉市の主婦、井上宮(きゅう)さん(55)が書いた短編ホラー「ぞぞのむこ」が第10回小説宝石新人賞を受賞した。家事・育児の合間に小説を書き続け約30年、「作家のスタート地点に立てた。これからが大変」と新たなステップへ意欲を燃やしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます