ボクシングの元ヘビー級王者のモハメド・アリさんの家族の代理人が4日に記者会見し、アリさんの死因が敗血症ショックだったことを明らかにした。パーキンソン病を患っていたアリさんは、呼吸器関連の症状で米アリゾナ州の自宅近くの病院に入院し、3日午後9時10分(日本時間4日午後1時10分)に74歳で亡くなった…

無断転載・複製を禁じます