ふだんは民間企業などで働きながら、有事や災害時に自衛隊活動に参加するため招集される「即応予備自衛官(即自)」の人数が、減り続けている。熊本地震の被災地で支援活動を担うなど第一線での貴重な即戦力だけに、防衛省は対策を進めているが、減少に歯止めがかかっていない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます