参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるなか、どう生徒に「政治的教養」を身につけさせるか――。こうしたテーマで教諭たちが学ぶ講座が7日、東広島市で開かれた。県内の高校で地理歴史・公民を担当する約60人が参加。生徒が有権者として適切に判断する力を育てようと、授業のあり方を模索した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます