姉、妹、父の3人が念願のリオデジャネイロ五輪に出場する。永井祐司監督(52)率いるホッケー女子日本代表「さくらジャパン」のメンバー16人が14日発表され、監督の長女友理(ゆり)選手(24)と次女葉月選手(21)が選ばれた。ともに五輪初代表。競技でしのぎを削る姉妹は長く仲たがいしていたが、芽生えた自信が2人を変えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます