22日公示された参院選で審判を受ける候補者は、日本の今後を左右する主要課題にどう向き合うのか。朝日新聞社と東京大学谷口研究室の共同調査では、今回の「自公VS.野党共闘」型の鮮明な対立構図のほか、与党間や共闘する野党間でも、政策によって各党の立ち位置が大きく異なる実態が浮き彫りになった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます