2020年東京五輪・パラリンピックの主会場になる新国立競技場の基本設計が完成し、整備主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が24日、新たな完成予想図を公開した。設計を手がける建築家の隈研吾氏は記者会見で「採用された案を元に改善し、イメージ通りにできた。短期間でできてうれしい」と話した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます