民主主義の伝統を誇ってきた英国の政界が、混乱に陥っている。国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を選んだ民意に対し、議会は残留派が多数で、ねじれが生じた。早期の解散総選挙の可能性も出ている。最大野党の労働党内でも、コービン党首に辞任を求める動きが強まっている。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます