京都・先斗町で5日夜に発生した火災で、火元とみられる居酒屋「茜(あかね)屋純心軒」の男性店員が「厨房(ちゅうぼう)で団体客用の炭約20キロをまとめて焼いていたら燃え上がった」と京都府警に説明していることがわかった。府警と京都市消防局は6日、現場周辺で実況見分を実施。府警は失火とみて出火原因を調べている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます