高齢者らが自宅などで訪問による医療を受ける「在宅医療」について、医療・介護関係者や研究者、自治体の担当者らが一堂に会する厚生労働省の「全国在宅医療会議」の初会合が6日、東京都内であった。9月にも作業班を設け、在宅医療による生活の質(QOL)の評価指標づくりなどを協議、来年3月をめどに推進に向けた重点分野を整理する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます