IT大手の楽天は22日、自社とグループ会社が営む五つのサービスで性的少数者に配慮した対応を新たに始めると発表した。社内規定も改め、9月から同性パートナーも配偶者と認めて見舞金など福利厚生の対象にする。性的少数者に理解のある社風を内外に打ち出し、幅広い人材を引きつける狙いがあるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます