ロシアによる国家ぐるみのドーピング隠蔽(いんぺい)問題で、国際オリンピック委員会(IOC)は24日、電話会議による緊急理事会を開き、ロシア・オリンピック委員会を資格停止処分とはせず、ロシアの選手が一定の条件の下に8月のリオデジャネイロ五輪に出場できることを決めた。各国際競技団体がその条件を満たしているかどうかを判断する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます