71年前の8月6日の広島を正面から描いた丸木俊(とし)さんの絵本「ひろしまのピカ」は、累計61万部のロングセラーだ。出版のきっかけは、編集者の小峰紀雄さん(78)が8歳で聞いた父親の被爆体験。子どもには重すぎる題材かと苦悩もしたが、「僕も8歳なりに父の話を理解できたのだから」と、伝え方を探り続けた…

無断転載・複製を禁じます