現在のラジオ体操の考案者が、茨城県日立市出身で80年前のベルリン五輪出場者の遠山喜一郎さん(1909~99)であることは案外知られていない。日立市は、夏休み中の児童らの健康維持に役立てたいと、知る人ぞ知る存在の遠山さんを紹介し、ラジオ体操の効用をPRするポスターやチラシを作った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます