刑事事件の被告が一審の判決前に保釈された件数は昨年1年間で1万4233件あり、過去10年間で最多だったことが最高裁のまとめで分かった。司法制度改革などを背景に、被告をなるべく拘束しないようにする流れがある。他方で、保釈中の被告が別の事件に関与するケースもあり、対策を求める声があがる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます