インターネットバンキングを狙った不正送金の今年上半期(1~6月)の被害額は8億9800万円で、昨年下半期(7~12月)より6億3200万円(41・3%)減った。法人口座の減少分が全体を押し下げたためだが、個人口座では大きく増えていた。警察庁が8日発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます