「ジブリの最新作がフランスからやって来る」というナゾの宣伝文句と共に、長編アニメ映画「レッドタートル ある島の物語」が17日から公開されます。製作はスタジオジブリと仏のワイルドバンチ、監督はオランダ生まれのマイケル・デュドク・ドゥ・ビットさん。孤島に男が漂着したことから始まる寓話(ぐうわ)は、小さな生命のつながりと大きな自然の広がりを悠然と語り、最後は涅槃(ねはん)寂静の境地へ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます