中南米や東南アジアで流行するジカウイルス感染症(ジカ熱)について、妊婦が感染すると胎児の脳に先天性障害が起きることを、米国の研究チームがサルへの感染実験で確かめた。霊長類では初めての確認だといい、専門家は「治療法の開発につながる可能性がある」と期待する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます