涼しげな秋風が、境内の木々を揺らしている。京都・東山の即宗院(そくしゅういん)。手入れの行き届いた約4千坪の敷地の一角に、6基の石碑がひっそりとたつ。そこに、幕末の動乱に散った薩摩藩士524人の名が刻まれている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます