百貨店が50歳前後の「アラフィフ世代」の女性に向けた商品開発や売り場づくりを進めている。ファストファッションが勢いを増すなか、「上質」をテーマにした品ぞろえに注力する。バブル時代を経験し、子育ても一段落した世代の消費の取り込みをねらう。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます