熊本地震で被災した農地の復興に、崩落した阿蘇大橋近くの山の土砂を使う方向で熊本県が国土交通省と調整を進めている。県が掲げる「創造的復興」と経費削減を同時に実現できるとしており、国交省側も前向きに対応する意向だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます