2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用などを検証する東京都の調査チームによる報告書が29日、小池百合子都知事に渡された。報告書は大会経費が3兆円を超す可能性を指摘し、ボート・カヌー会場など恒久3施設の建設見直しに言及した。小池知事が調査チームの提言を受け入れ、会場計画の変更を決断した場合は…

無断転載・複製を禁じます