105歳を迎える私の微妙な心情をたとえるなら、「いのちという宝船に乗っている」、そんなイメージです。この船には強力なエンジンがあるわけでもなく、積み荷もわずかです。けれど大きなうちわで風を送る程度の動力でも、静かにゆっくり進んでいくことができるのです。そんな船でも海原へ出れば、私にとっての新しい世…

無断転載・複製を禁じます