三菱重工業が、大型客船の新たな受注を凍結する検討をしていることがわかった。近年は大型クルーズ船に絞って受注していたが、海外向けの船で巨額損失を出したことを受け、今春から見直しを進めていた。工場の稼働率を上げるため、提携を協議している造船会社との共同利用を進める道も探る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます