16日投開票の新潟県知事選で、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が争点に浮上した。与野党が推す各候補者の訴えは、30年以上原発のそばで生きてきた柏崎市と刈羽村の住民に、どう響いているのか。地域経済再生への期待と、事故への不安を抱える地元を歩いた。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます