蒸し暑さが残る今年の秋分の日。大阪の御堂筋を、そろいの空色のTシャツなどを身にまとった数百人が行進した。薬物やアルコールなど様々な依存症に苦しんだ人々と、家族、友人、支援者らが回復を祝おうと関西で初めて開いた「リカバリー・パレード」。道行く人々に「回復を信じ、応援する社会を」と訴えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます